市場の中心は企業から個人へ

IT市場といえば、当初はパソコンなど家庭や企業でのインターネットサービスなどが市場の中心を占めていました。
今ではこうしたサービスはすっかり成熟し、新たにスマートフォンやタブレット端末を利用したコミュニケーションツールやナビゲーションシステム、ゲームといった新たなサービスの市場が急速に大きくなろうとしています。

これはIT市場の中心が企業など大規模な顧客から一人一人の消費者にターゲットが移ろうとしているとも言え、幅広い分野での情報やサービスの提供が求められています。

ITが「あると便利」から「あって当たり前」に変化することで、利用者がより快適にITを活用できるような環境づくりが必要となってきています。

ITに詳しい人だけがわかるような難解なシステムではなく、誰にでもわかりやすい機能を提供したり、ビジネスに直結するような具体的なITの活用が増えてきていることにも注目すべきです。

これまで以上に社会インフラとしてITが必要とされていくと考えられ、IT技術そのものよりも、ITをいかに利用し活用していくかという視点に市場が傾きつつあると言えます。

もはや生活に欠かせないものとして定着したインターネットをはじめとするITサービスの市場は、一時の爆発的な成長は見込めないものの、今後も成長する可能性が多いに期待される注目の産業です。

今後もIT関連の市場の動向に注目し、しっかりとトレンドを見極めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です