学習機材としてのIT機器

IT化が進む近年、社会人だけでなく子供たちもパソコンなどのIT機器に触れる機会が増えてきています。

各家庭にインターネット環境が整い、家にパソコンがあるのが普通になってきており、ITはもはや大人だけのものとは言えなくなってきているのです。

こうした原状を受け、学校でもITを授業に取り入れる学校が年々増加しています。

たとえば電子黒板を利用した授業は子供たちの反応もよいと評判です。

電子黒板にコンピューターからの映像を移しこんだり、図形をアニメーションで示すなど、学校で使用されている黒板でもできない魅せ方ができるというメリットがあります。

教員は模造紙などで資料を作成するよりもずっと短い時間でよりよい授業の教材を作成することもできると好評です。

IT機器を資料や教科書のかわりに利用することも検討されています。

子供たちのゲーム機も様々な機能が搭載され、こうしたゲーム機を学習に活用することもできるようになりました。

手軽に利用できるタブレット端末も普及し始めた今、子供たちの授業の中にITがますます取り入れやすくなっています。

ゲームばかりするのはあまりよくない、インターネットに潜む危険性が心配、など多くの親に敬遠されがちだったIT機器ですが、ここにきて便利で効果的な学習ツールとして見直されています。

ITを活用した授業をきっかけに家庭でもIT機器を学習機材のひとつとして利用してみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です